システム基盤部

インフラエンジニア

大橋 陽 AKIRA OHASHI
  • 2020年入社
  • 前職:メーカーエンジニア

VOICE

市場価値の高い人材になりたいと思い、IT業界を目指した。

同じものをつくり続けていくものづくり業界か、変化の激しいIT 業界か。

同じものをつくり続けていく
ものづくり業界か、
変化の激しいIT 業界か。

もともと、ものづくりメーカーでエンジニアとして働いていました。仕事は楽しかったのですが、「同じ製品を改良していく」という仕事をやり続けるよりも、もっと広い世界を経験できる仕事がしたいと思うようになりました。その結果、IT業界に進みました。

どのような仕事をしているか?

DXを推進するクラウドサービスを
企業に導入し、開発を支援する。

アメリカ製のクラウドサービスを企業に導入する際の、開発や運用支援を担当しています。顧客管理や人事・労務管理などの業務の生産性向上を実現するクラウドサービスとして注目を集めており、企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するためのプラットフォームとして、ニーズが高まっています。

例えばお客様がこのクラウドサービスの導入を決めた際、それぞれの現場に適した仕様にアプリケーションをカスタマイズする必要があります。導入後の保守・運用も必要です。そうした際に専門的な技術を提供し、導入を支援するチームで働いています。私自身はまだ経験が浅いこともあり、先輩に指導を受けながら技術を学んでいる最中です。アメリカ製のサービス故に製品説明のドキュメントはすべて英文ですが、一つひとつ読み込んでいく度に新しい知識を吸収することが面白く、技術の土台を積み上げている感覚があります。

DXを推進するクラウドサービスを企業に導入し、開発を支援する。

転職のキッカケ

ものづくりメーカーから
IT業界に転身した理由。

前職は、医療用のゴム製品などを製造するものづくりメーカーで、開発エンジニアをしていました。目的の機能を果たすためには、どんな素材や形状が必要かなどを研究し、製品を開発していく仕事です。もともと理系の学生ですから、「分からないこと」の原因を解明し、解決していく仕事には面白みを感じていました。しかし同時に、このまま、限られた分野の知識だけを追求していく仕事をしていていいのか、という思いもありました。

もっと、いろんな領域に挑戦できる仕事。多様な技術を学べる環境。そうした業界は何かと考えた時に、IT業界に目を向けました。また、市場価値の高い人材になるために英語を学べるような環境にも身を置きたいと考えていました。現在はインフラエンジニアという立場で仕事をしていますが、自分の中ではまだ入口に立っただけだと捉えています。これから、さまざまな技術を学び、IT業界でキャリアを重ねていきたいと思っています。

ものづくりメーカーからIT業界に転身した理由。

将来の夢

分からないことを調べ、
知識を積み上げていく過程が好き。

実は、こうした仕事をしていて言うことでも無いですが、細かい作業がとても苦手です。そのため最初は、ITエンジニアという仕事が自分に向いていないんじゃ無いかと、先輩や上司に相談をしたこともありました。ただ、それでも頑張って継続していくうちに苦手意識も薄れ、今はなんとか、日々の業務についていけるようになりました。

当面の目標はまず、現在の仕事でもっと知識や技術を深めていくことです。もともと、「分からないこと」があれば自分でさまざまな文献を調べて目的の情報を探りあて、解決策を見つけていく過程が好きなんです。もちろん先輩に聞けば何でも教えてくれますが、それだけではなく、自分で調べるという力を磨いていきたいと思っています。その先は、今の先輩たちのように、お客様とコミュニケーションを重ねながら、要件定義や技術的な提案ができるエンジニアに成長できればと、思っています。そうした人材になった時に初めて、未来のキャリアがくっきり見えてくるはずだと思っているのです。

他の社員を見る

ENTRYエントリー

新卒採用

2019年入社の新卒採用の募集を開始しています

新卒採用エントリーはこちら

中途採用

優秀な中途社員の方を随時募集しています

中途採用エントリーはこちら